ホーム » 学校紹介 » 校   歌

校   歌

校歌の制定について

 昭和26年、第20代校長辻井敬三が子どもたちの心のよりどころとして、また本校に学ぶことに誇りを持たせる意図により、校区居住者から歌詞を募集し、現在の校歌が生まれた。

1 せせらぎ清く 流れゆく
  揖保の川なみ 遠くみて
  白雲映ゆる  城山の
  希望の峰を  朝夕に
  仰ぐも楽し  学舎よ

2 伝えは残る  玉清水
  胸にたたえて 清らかに
  心をひとつ  いそしめば
  つつしみ深く やわらかき
  土に平和の  萌えいずる

3 ゆかしき香り せんだんの
  双葉の色も  輝かに
  伸びたつ空の 明るさよ
  文化の歩み  日に著るき
  わが学舎に  幸あれや